バブル崩壊後、日本経済は深刻な不況に直面しています。国民の多くは可処分所得が低下し、中小企業は極端な売り上げ減少と金融機関の「貸し渋り」によって、いつ倒産の危機に直面するか分からない状況に置かされています。
 それだけに会社の経営実態を掴むことは労働者にとってもかなり重要となってきています。しかし、中小企業労働者の中には数字ばかりの「貸借対照表」や「損益計算書」は苦手だとして、財務諸表を毛嫌いしている人も少なくありません。会社の財務諸表を日常的につかむ努力が必要です。
 また、企業の中には、経営者が意識的に「二重帳簿」や「粉飾決算」で、経営の中身を隠蔽するところもあります。しかし、こんな時代ですから、労働者があらかじめ財務諸表の見方を掴む事は、経営の動ごきを事前に察知する上で一定の武器になることは間違いありません。
 このコーナーでは財務諸表の見方について、初歩的、基礎的な知識を身につけるコーナーです。是非活用してみて下さい。
下記のメニューから選択してください。
財務諸表とは 貸借対照表
損益計算書 経営分析の指標
国際会計基準の導入